このエントリーをはてなブックマークに追加

保険料は保障期間で

保険に加入しているのであれば、保険料が気になるところでしょう。
医療保険でも同様であり、できれば安価で加入を継続したいと思うかと思います。
保険会社でも、そういうことを踏まえ、様々な割引制度などがあるのも確かです。
しかし、そういう具体的なことの前に、保険料のあり方を見ておくことも大事です。
これは、医療保険ばかりでなく、保険全般に共通することであります。
まず、保険料は、二つの種類があり、どちらかを選ぶようになります。
一つは掛け捨てであり、見返りのない保険料です。
もう一つは積立であり、これは、一定期間を経た後、収めた保険料の一部が満期金として支払われるようになります。
貯金のような感覚で利用でき、個人年金などが代表的なものです。
医療保険は、かつては掛け捨てが主流のようでしたが、今では積立のものも商品化されているようです。
また、保障期間も、大事なものです。
これも医療保険に限られたものではなく、保険全般に共通していることです。
これも二つの種類があり、一つが定期、もう一つが終身です。
定期の場合、基本的に10年保障となっています。
それ以上にするのであれば、契約更新という形になるようですが、10年単位での更新となることが、一般的です。
終身は、生涯保障とも言えます。
亡くなるまでの保障であり、単純に考えれば、もっと長い期間保険料を支払うようになります。
ただし、終身と言っても、亡くなる直前まで保険料を支払うのではありません。
保険料支払が終了する時期があり、それまでとなっています。
商品毎で異なることもあり、加入時にきちんと確認することが大事でしょう。
以上、保険料のあり方と保障期間ですが、最も安価な組み合わせは、掛け捨ての定期です。
これは、今でも安価に済ませる主流な方法でもあり、生命保険で多く見受けられます。
新入社員などで、初めて自分の明治で保険加入する人は、この形を採用することが多いようです。
しかし、保険はなるべく早めに加入した方が、保険料支払の負担が軽減できるようです。
特に、積立の場合、なるべく若い頃から加入しておく方が、負担が少ないようです。
この点も、重々考慮しておくことが、大事であるかと思います。
なお、今では、ネット保険も誕生しています。
これは、従来型の保険と異なり、インターネットだけで申し込みが行われるものです。
店頭窓口がない分、低価格化が実現しているようです。
検索エンジンなどw利用すれば、簡単に見つけられるようになっています。
Copyright (C)2019医療保険で病気に備える!.All rights reserved.